東通原子力発電所放射線管理

放射性廃棄物の処理

発電所の運転に伴って発生する放射性廃棄物の処理については、周辺の環境に影響を及ぼすことがないよう、気体・液体・固体のそれぞれの性状に応じて、専用の処理設備により安全に処理します。

環境モニタリング

発電所周辺の環境において、放射性物質による影響がないことを確認するために放射線の量を測定しています。発電所敷地内ではモニタリングポスト、排気筒モニタ、放水口モニタにて監視し、当社ホームページでその数値を情報公開しています。
また、発電所周辺の農畜産物、海産物、水道水、海水などの試料を定期的に採取して放射性物質の量の測定を行い、環境に影響のないことを確認しています。

モニタリングカー

モニタリングカー

モニタリングポスト

モニタリングポスト

ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報