原子力情報 The information of Nuclear Power   ウィンドウを閉じる
東通原子力発電所<データファイル>放射性廃棄物


 家庭からゴミがでるように、工場からも産業廃棄物が出ます。原子力発電所も例外ではありません。原子力発電所から出る放射性廃棄物には、気体、液体、固体状のものがあります。

廃棄物処理概念図



 気体および液体廃棄物は、専用の処理装置でできるだけ放射性物質を取り除き、 十分安全なレベル以下であることを確認してから大気や海に放出します。
 なお、液体の処理装置で発生する濃縮廃液等は、セメントなどで固めて、ドラム缶 に密閉します。


気体廃棄物の放出実績(単位:ベクレル)

希ガス よう素131
管理目標値(年間)
1.2×1015 2.0×1010
年間実績値
平成16年度 検出限界未満 検出限界未満
平成17年度 検出限界未満 検出限界未満
平成18年度 検出限界未満 検出限界未満
平成19年度 検出限界未満 検出限界未満
平成20年度 検出限界未満 検出限界未満
平成21年度 検出限界未満 検出限界未満
平成22年度 検出限界未満 検出限界未満
平成23年度 検出限界未満 8.8×105 *1
平成24年度 検出限界未満 検出限界未満
平成25年度 検出限界未満 検出限界未満
平成26年度 検出限界未満 検出限界未満
平成27年度 検出限界未満 検出限界未満
*1 福島第一原子力発電所事故の影響がみられる。




液体廃棄物の放出実績(単位:ベクレル)

放射性物質
(トリチウムを除く)
トリチウム
管理目標値(年間) 管理基準値(年間)
3.7×109 3.7×1012
年間実績値
平成16年度 検出限界未満 9.4×108
平成17年度 検出限界未満 3.9×1010
平成18年度 検出限界未満 3.4×1010
平成19年度 検出限界未満 5.3×1010
平成20年度 検出限界未満 9.0×1010
平成21年度 検出限界未満 2.3×1011
平成22年度 検出限界未満 3.0×1010
平成23年度 検出限界未満 1.6×1011
平成24年度 検出限界未満 4.5×1010
平成25年度 検出限界未満 2.7×109
平成26年度 検出限界未満 検出限界未満
平成27年度 検出限界未満 3.0×1010



 
 固体廃棄物は,焼却したり,圧縮して容量を小さくしたうえで,発電所敷地内の貯蔵施設に保管します。
 その後,ドラム缶に密閉した固体廃棄物は,青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに埋設され,安全に管理されます。


(単位:200リットルドラム缶換算本数)
年度 発生量 発電所内減量
(焼却等実績)
発電所外減量
(搬出実績)
累積保管量 貯蔵容量
平成16年度 0 0 0 0 9000
平成17年度 580 0 0 580
平成18年度 720 0 0 1300
平成19年度 1224 0 0 2524
平成20年度 2144 0 0 4668
平成21年度 2028 0 0 6696
平成22年度 1164 0 0 7860
平成23年度 1168 0 0 9028 9120 *1
平成24年度 392 0 0 9420 18360
平成25年度 984 0 0 10404
平成26年度 576 0 0 10980
平成27年度 668 0 0 11648
・発電所内減量とは,焼却等により減量したものです。
・発電所外減量とは,青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに搬出したものです。
*1 固体廃棄物貯蔵所増設工事の工事計画届に伴う記載の適正化により,平成23年7月29日より貯蔵設備容量を9,120本相当に変更。

固体廃棄物の発生・保管状況
ウィンドウを閉じる

(C)Tohoku-Electric Power Co.,Inc. All Rights Reserved.