原子力情報 The information of Nuclear Power   ウィンドウを閉じる




(平成28年10月〜12月)

今期の調査の結果、女川原子力発電所による
放射線および放射能の環境への影響は認められませんでした。



 今期の調査結果は、下図のように東京電力(株)福島第一原子力発電所事故前における測定値の範囲内であり、女川原子力発電所による環境への影響は認められませんでした。
放射線の強さ




 今期の環境試料中の放射能濃度の調査結果は,東京電力兜沒第一原子力発電所事故前の測定値の範囲を超過する試料がありましたが,事故前の測定値の範囲内まで低減している試料もあり,放射能濃度は減少傾向が見られています。なお,その超過した原因は女川原子力発電所の運転状況等から福島第一原子力発電所事故によるものと考えられます。

出典:原子力だよりみやぎ/Vol.136(宮城県広報誌)
ウィンドウを閉じる