(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

暮らしの中の工夫から生まれた美、こぎん刺し

[青森県-弘前市]

 津軽地方に伝わる伝統工芸「津軽こぎん刺し」。近年、手工芸品への注目が高まる中、こぎん刺しに魅了される人も増えています。有限会社弘前こぎん研究所は、伝統技法の伝承と普及に努め、こぎん刺しの魅力を発信する拠点の一つ。ここでは作品の販売や作業場の見学、予約をすれば制作体験もできます。
 旧城下町の佇まいを残す住宅街にある、モダンな2階建。弘前こぎん研究所が入っている建物は歴史的価値が高く、建築に興味のある人も訪れます。所長の成田貞治さんに案内していただき、こぎん刺しや建物にまつわる話を伺いました。

こぎん刺しの始まり

 江戸時代、寒冷地の津軽地方では綿の栽培ができなかったため、農民は綿の衣類を身につけることを許されていませんでした。そこで、農家の女性たちは、目の粗い紺麻布の作業着「こぎん」に糸をびっしりと刺し、補強と保温性を高める工夫を施しました。最初は横一線の縫い目でしたが、やがて、ひし形を主とした幾何学模様となり、「こぎん刺し」と呼ばれるようになりました。
 江戸後期には晴れ着にも用いられ、嫁入り道具の一つとして作られるようになりました。明治時代に入り綿糸が自由に手に入るようになると、農家の若い娘たちは競うように美しい刺繍を刺し、こぎん刺しは全盛期を迎えます。

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

 弘前市の北側、金木町(現五所川原市)を中心に、木造町(現つがる市)、
車力村(現つがる市)で作られた太い三筋の縞模様が特徴の「三縞こぎん」

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

 弘前市の西側で作られた「西こぎん」。山から重い荷物を担ぎ出すため、
肩を黒糸と白糸の縞で補強しているのが特徴

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

(写真提供:有限会社弘前こぎん研究所)

 岩木川を境に弘前市から東側で作られた「東こぎん」。
太めの粗い麻糸で織った布に刺したものが多く、
前身頃から後ろ身頃にかけて同じ模様を施したものが多い

【こぎん刺しの模様】

弘前こぎん研究所ができるまで

 大正時代末期には安価な綿布が出回るようになり、こぎん刺しは廃れていきましたが、昭和に入ってから再評価の機運が高まります。民藝運動の提唱者・柳宗悦は、1932(昭和7)年に発行された「工藝」14号で、こぎん刺しを「地方工芸の最たるもの」と絶賛しました。
 同年、弘前市に地場産業の育成を目的とした財団法人木村産業研究所が設立され、こぎん刺しの調査を開始しました。その事業は1942(昭和17)年に設立された弘前ホームスパン有限会社に引き継がれ、1962(昭和37)年に有限会社弘前こぎん研究所と社名変更し、現在に至ります。

美しい幾何学模様が特徴のこぎん刺し

美しい幾何学模様が特徴のこぎん刺し

津軽女性の地道な手仕事

 こぎん刺しを産業として発展させるためには、「刺し手の養成が必要不可欠」と、成田さんは話します。作業はすベて手作業で行われ、ほとんどが地元の女性たちの内職によるものです。商品としての品質を保つため、弘前こぎん研究所では、仕事を依頼する前に、講習を受けることを義務付けています。これは、こぎん刺しの素材や技法、模様の基本をたがえることなく、正しく伝えていくことにもつながっています。
 ひと針ひと針、丁寧に。昔も今も、津軽の女性たちの地道な手仕事が、こぎん刺しを生み出し、支えているのです。

内職スタッフに渡す材料を準備

内職スタッフに渡す材料を準備

何度も何度も針を刺し、丁寧に模様を仕上げていきます

何度も何度も針を刺し、丁寧に模様を仕上げていきます

刺した後の布にかけるアイロンも重要な工程

刺した後の布にかけるアイロンも重要な工程

これからのこぎん刺し

 弘前こぎん研究所では、近年のこぎん刺しの人気を踏まえ、こぎん刺しの基礎模様を ベースに、豊かな彩りや現代的デザイン感覚を取り入れたバッグや化粧ポーチ、ペンケースなど、様々な商品開発にも取り組んでいます。また、大手百貨店とコラボレーションしたり、海外で展示会やワークショップを開催したりするなど、これまでにない活動の機会を得て、こぎん刺しの魅力の発信と普及に力を入れています。
 こうして伝統の手仕事の技法と新たなものづくりへの取り組みが融合し、こぎん刺しは次世代へと継承されようとしています。

現代的なデザイン感覚のこぎん刺しを紹介した展示資料。中央と右のボードで紹介されているのは「CO-GIN STITCH(コ・ギン ステッチ)」と名付けられたこぎん刺しによるカフスと付け衿

現代的なデザイン感覚のこぎん刺しを紹介した展示資料。
中央と右のボードで紹介されているのは「CO-GIN STITCH(コ・ギン ステッチ)」
と名付けられたこぎん刺しによるカフスと付け衿

【こぎん刺しの模様を生かした人気商品】

日本の近代建築の歴史を語る建造物

 弘前こぎん研究所が事業所として使用している「財団法人木村産業研究所」の建物は、1932(昭和7)年に竣工しました。近代建築の巨匠といわれる前川國男氏が、初めて手がけた作品です。パリに留学し、ル・コルビュジエのもとで学んでいた前川氏は、フランス大使館付武官として渡仏していた施主の木村隆三氏と知り合い、前川氏の母が弘前出身という縁で親しくなり、設計を依頼されました。
 モダンでシンプルな外観、エントランス天井の鮮やかな赤色、横長の窓など特徴的なデザインは、当時かなり斬新だったことでしょう。1935(昭和10)年に弘前を訪れたドイツの建築家ブルーノ・タウトは、著書「日本美の再発見」で「コルビュジエ風の新しい白亜の建物」と記しています。
 2003(平成15)年にはDOCOMOMO Japanによる「日本におけるモダン・ムーブメントの建築 DOCOMOMO 100選」に選定され、2004(平成16)年には国の登録有形文化財に指定されています。

弘前こぎん研究所が入っている建物は、国の登録有形文化財

弘前こぎん研究所が入っている建物は、国の登録有形文化財

DOCOMOMO Japan :DOCOMOMO(ドコモモ)は1988年、オランダのアイントホーヘン工科大学のフーベルト・ヤン・ヘンケットらによって設立された学術組織。2000年、DOCOMOMO Japan発足。日本の近代建築の再評価のための活動を行うとともに、近代建築の保存活動にも取り組んでいます。2017年度までに選定された近代建築の数は216あります。

ページTOPへ戻る