疫学研究

電磁界に関する研究事例

ブリティッシュコロンビアがん機関の疫学研究

カナダにおける商用周波電磁界と小児白血病のリスク

 カナダのブリティッシュコロンビアがん機関のマックブライド博士が中心となり、磁界と小児白血病の関連を調査するため、疫学研究(症例−対照研究)が実施されました。

 研究の対象となったのは、14歳までの子供798人(症例数399人、対照数399人)で、その結果が、The American Journal of Epidemiologyの1999年7月号に発表されています。

イメージ

研究結果
  • 磁界レベルと小児白血病の間に、関連はなかった(オッズ比0.95)。
  • 算定された2年間の磁界ばく露や生涯磁界ばく露と、明確な関連はなかった。
  • 非常に高いワイヤーコードでは、急性リンパ性白血病のリスク上昇(オッズ比1.72、95%信頼区間0.54−5.45)が見られたが、統計的に有意ではなかった。
結論

 これらの結果は、商用周波電磁界へのばく露と小児白血病との関連性をほとんど支持しない。

カナダブリティッシュコロンビアがん機関 リンク

 ブリティッシュコロンビアがん機関は、ブリティッシュコロンビア州の人々に、がんの予防、発見、診断、治療、研究、教育等を提供するための州の機関である。

電磁界について