疫学研究

疫学研究の課題

選択バイアス(選択の偏り)

 疫学研究を行う場合に、観察するサンプリング(抽出)された集団が、全体の様子を反映していない偏りのことを「選択バイアス」といいます。

 例えば、自動車の排ガスとぜんそくの関連性を調べようとする場合、サンプリングされた集団が国道周辺など比較的排ガス濃度の高い地域の人々に偏ったとすると、自動車の排ガスが日本全体のぜんそくの発生に与える影響を正しく評価できなくなってしまいます。

 電磁界の疫学調査においても、症例および対象のサンプリングにおいて、小児白血病患者全体および小児全体の磁界ばく露の状態を反映するように選択されないと結果に偏りが生じます。

イメージ

電磁界について