生物学的研究

電磁界に関する研究事例

労働安全衛生総合研究所(当時:産業医学総合研究所) リンク

 50Hzの電磁界にばく露されたヒトの末梢血液の単核細胞のサイトカインのプロファイル

研究者
  • 城内 博 主任研究官(産業医学総合研究所)
  • マリア・ビラヌエベ 博士(名古屋大学医学部)
実験目的

免疫系への商用周波磁界影響を評価

実験方法

 ヒトの末梢血リンパ球を50Hzの電磁界にばく露し、免疫機能の重要な指標となるサイトカインと呼ばれるタンパク質6種類について磁界の変動に伴う変化を観察する。

ばく露磁界レベル
1,000μT、3,000μT、10,000μT、30,000μT
(生活環境をはるかに超える磁界レベル)

実験結果
  • TNF-α(腫瘍細胞に対する攻撃機能を強める性質を持つタンパク質)の生産量が落ち込んだ。
  • 別のサイトカインは生産量が増加した。
城内氏本人の見解
  • この事から直接、磁場が人の身体の免疫機能にどう影響を与えるかについて推測する事はできない。
  • 今後さらにさまざまな角度からの研究が必要である。

電磁界について