生物学的研究

電磁界に関する研究事例

電力中央研究所の研究 リンク

1988年〜1992年

日米科学協定の一環で実施した、電力中央研究所と米国エネルギー省との共同研究「ヒヒの電磁界による行動影響、ホルモン代謝(メラトニン)に関する研究」では、「霊長類動物であるヒヒの社会的行動および生理的な変化への影響は認められなかった」と報告されています。

イメージ

1993年〜2003年

経済産業省から受託した「電力設備環境影響調査」では、商用周波磁界が動物の生殖や腫瘍の発生・増殖に与える影響を解明するための研究を実施しています。

  • 中間報告(1997年4月)
    動物(ラットまたはマウス)を使った実験の結果(最大磁界レベル250μT)、商用周波磁界が動物の生殖に影響を及ぼすという結果は得られなかった。
  • 総合報告(2005年3月)
    動物(ラットまたはマウス)を使った実験の結果(最大磁界レベル350μT)、商用周波磁界が乳腺、皮膚、脳腫瘍の発生・増殖に影響を及ぼすという結果は得られなかった。

イメージ

イメージ

今後の予定

リンパ種、骨髄性白血病を対象として、商用周波磁界がその発生・増殖に与える影響について調査を実施することとしています。

電中研レビューNo.47(2002年11月)

超低周波磁界を中心に、当研究所が行った生物学的研究や電気工学的研究の成果、国内外の動向などについてまとめられています。

電磁界について