健康に関する公的機関の見解

国際電磁界プロジェクト

(発行資料)『電磁界のリスクに関する対話の確立』について

 電磁界による健康被害の可能性について、公衆が懸念を抱いているとの認識から、WHOは2002年に、「電磁界の健康リスクに関する対話の確立」を発行しています。

 このハンドブックは、公の議論、科学的な不確実性、既存設備の運営の必要と適切な新規設備用地の必要性またはこれらのいくつかの整合に直面した政策決定者の援助となることを意図して作られたものです。

 関係者間の誤解を減らし、良好な対話を通じ信頼を向上させ、政策決定プロセスをより良いものとすることを目指しています。

電磁界について