健康に関する公的機関の見解

 国内外の多くの公的機関が、電磁界の健康影響に関して見解を発表していますが、それらは「日常の居住環境において、電磁界が人の健康に有害な影響を与えるという確たる証拠は認められない」というものです。

 世界保健機関(WHO)は、1984年に電界に関して「環境保健クライテリア35」を、1987年には磁界に関して「環境保健クライテリア69」を発表して、電磁界の健康影響について見解を示してきました。

 また、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)は、電界で5キロボルト/メートル、磁界で200マイクロテスラ(周波数50ヘルツ)のガイドライン値を示しています。

イメージ

  世界保健機関(WHO) 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)
電界 10kV/m
(環境保健クライテリア35)
5kV/m
磁界 5,000μT
(環境保健クライテリア69)
200μT

kV/m:キロボルト/メートル、μT:マイクロテスラ

 なお、世界保健機関(WHO)は1996年より実施してきた電磁界の健康影響プロジェクトの結論をまとめ、2007年6月に短期的な影響、長期的な影響のそれぞれに関する見解を公表しています。

数値基準について

健康影響に関する評価

世界保健機関の見解

世界保健機関(WHO)が、1996年より実施してきた国際電磁界プロジェクトの結論と見解が2007年6月に公表されました。このプロジェクトには日本を含む54カ国以上が参加しています。

電磁界について