健康に関する公的機関の見解

健康影響に関する評価

国際がん研究機関(IARC)

国際がん研究機関 リンク
IARC:International Agency for Research on Cancer

 世界保健機関(WHO)の付属機関。がんの原因究明や発がんメカニズムに関する研究を調整し、がんの抑制に対する科学的手法を開発している。また、モノグラフシリーズとして、様々な因子の発がん性評価を報告している。

人への発がん性リスク評価に関するIARCモノグラフ(2002年3月)

 国際がん研究機関(IARC)は、2001年6月、静的および超低周波電磁界の人への発がん性リスクについての評価結果を公表し、2002年3月にモノグラフ(専門書)を発刊しました。

モノグラフの結論
  • 超低周波磁界は、人にとって発がん性があるかもしれない(下表グループ2B)
  • 静電界、静磁界および超低周波電界については、人の発がん性に関して分類できない(下表グループ3)
国際がん研究機関(IARC)の発がん性分類
分類 分類基準 具体例
疫学
研究
動物
実験
支援的
証拠
グループ1:
発がん性がある
carcinogenic to humans
    カドミウム、アスベスト、ダイオキシン(2,3,7,8TCDD)、たばこ(能動、受動)、アルコール飲料、エックス線、ガンマ線、経口避妊薬、紫外線、ディーゼルエンジン排ガス、PCB
【他を含む113例】
グループ2A:
おそらく発がん性がある
probably carcinogenic to humans
  鉛化合物(無機)、クレオソート、アクリルアミド、日内リズムを乱すシフト労働、理容・美容労働
【他を含む66例】
   
グループ2B:
発がん性があるかもしれない
possibly carcinogenic to humans

或は
  クロロフォルム、鉛、コーヒー、漬物、ガソリン、ガソリンエンジン排ガス、超低周波磁界、無線周波電磁界
【他を含む285例】
 
グループ3:
発がん性を分類できない
cannot be classified as to carcinogenicity in humans

或は
  カフェイン、原油、水銀(無機)、静磁界、静電界、超低周波電界
【他を含む505例】
×
グループ4:
おそらく発がん性はない
probably not carcinogenic to humans
× ×   カプロラクタム
(ナイロンの原料)
× ×
  • ◎:十分な証拠がある(sufficient evidence)
  • ○:限定的な証拠がある(limited evidence)
  • △:証拠が不十分である(inadequate evidence)
  • □:他のグループに分類できない(do not fall into any other group)
  • ×:発がん性がないことを示唆する証拠がある(evidences suggesting lack of carcinogenicity)

国際がん研究機関(IARC)の発がん性評価は、その物質の発がんの可能性について分類したものであり、発がん性の強さを評価したものではありません。

IARCモノグラフに対するICNIRPの評価
  • ICNIRPは1998年に、実験的研究による証拠がない状況において、疫学データにより、ばく露ガイドラインを策定するのは不十分であると結論を下した。現状においても、ICNIRPの現ガイドラインを変更することは正当化できない。
IARCモノグラフに対するNRPBの評価

電磁界について