コンテンツの先頭です。

お近くの営業所

古川営業所

 当営業所管内にある,大崎平野は,広大で肥大な土地から大崎耕地と呼ばれ,古くから米の生産が盛んで,ブランド米の誕生地として広く知られており,平成27年度には,母を「ササニシキ」,父を「ひとめぼれ」として交配された新しい品種の「ささ結(むすび)」がデビューをしております。なお,大豆の生産量および作付面積においては本州1位となっております。

 

 田尻地域には,マガンやオオハクチョウ,ヒシクイの越冬地である蕪栗沼(かぶくりぬま)や古川地域の化女沼(けじょぬま)がラムサール条約湿地として登録を受けております。

 

 岩出山地域には,若き日の伊達政宗が居城した旧有備館や岩出山城跡,松山地域には,伊達家家臣の茂庭家が築いた茂庭家霊屋,涌谷町には,我が国最初の産金地として知られるなど当管内には,歴史的建造物も多く点在しております。

 

  三本木地域には,東北一の42万本が咲くひまわりの丘,色麻町には,特産のエゴマ,美里町には,東北屈指の生産量を誇るバラが知られております。

 

 日本百名湯や温泉番付において東の横綱に選ばれた鳴子温泉地域は,紅葉が美しく多くの観光客が訪れ賑わっております。また,同地区には鳴子発電所があり,鳴子ダムに附帯する設備として平成28年度土木学会の「選奨土木遺産」に東北管内のダムでは初となる認定となりました。

 

 平成15年4月には県内初の広域合併により『加美町』が誕生,さらに平成18年1月には小牛田町と南郷町が合併し『美里町(みさとまち)』,平成18年3月には古川市を中心とした1市6町が合併『大崎市』が誕生し,大崎地域として観光や経済のさらなる発展を目指して連携を強化しております。

 

 こうした中,仙台北部工業団地に隣接する大崎地域は,新たな企業立地や居住地としての発展により,商業や観光事業の活性化など,人々が集まる魅力と活力ある地域づくりに,新たな飛躍への期待が高まっています。

 

 東北縦貫自動車道,東北新幹線や一級国道4号線をはじめとする幹線交通網の要衝となる広大なサービスエリアに,約9万基・総延長約1万4千kmにおよぶ電柱・電線などの配電設備を有する当営業所では,管内約14万口のお客さまに安心して電気をお使い頂けるよう,全所員が一丸となってサービスの向上や 設備の維持管理に日夜努めております。

 

古川営業所 所長

三浦 順義

『緒絶川』と『醸室(かむろ)※』<br>  ※酒造店の蔵を改装し、大崎の「食」をテーマにした飲食店

『緒絶川』と『醸室(かむろ)※』
  ※酒造店の蔵を改装し、大崎の「食」をテーマにした飲食店

住所:〒989-6192 大崎市古川中里1丁目4-11

お電話による電気のお引越し、お問合わせは東北電力コールセンターにて承ります。
古川営業所 地図 古川営業所 外観

コンテンツはここまで。ここからメニューです。