CSRへの取り組み

企業倫理・法令の遵守

東北電力グループ行動指針(2017年4月)

東北電力グループ行動指針(2017年4月)PDFファイル

 私たちは,「地域社会との共栄」「創造的経営の推進」の経営理念のもと,安全確保を最優先にお客さまに喜んでいただけるエネルギーサービスの提供を始めとして,私たちの使命および企業の社会的責任(CSR)を着実に果たし,企業価値を高めていくことにより,お客さま,地域の方々,株主の皆さま,お取引先の方々などから信頼され選択される企業を目指します。

 そのためにも,従業員ひとりひとりが,事業活動の基盤は社会との信頼にあることを強く自覚し,企業倫理・法令遵守に対するしっかりした認識・知識を持ち,揺るぎない倫理感をもって,業務を遂行していきます。

 また,不適切な事象を発生させない,見過ごさない,適切な情報公開を行う,という企業風土を作っていくことを従業員全員で再確認し,お客さま,地域の方々,株主・投資家の皆さま, お取引先の方々, 従業員などとの強い信頼関係を築き上げていきます。

このような認識にたち,以下の「行動原則」および「行動指針」にしたがって行動します。

行動原則
1.安全確保を最優先にエネルギーの安定供給,サービス等の提供

安全確保を最優先に, お客さまに信頼され満足していただける生活や事業活動を支える低廉なエネルギーの安定供給や, お客さまのご期待に応えるサービス等の提供を行っていきます。

2.企業倫理・法令遵守の徹底

すべての事業活動において,関係する法令と法の精神の遵守,サービス等の提供を徹底することはもとより,常に企業倫理を徹底します。

3.地域との協調と地域社会への貢献

地域の方々に事業活動を支えていただいているとの基本的な認識にたち,地域社会の一員として,地域との協調と地域社会の発展に貢献していきます。

4.環境への配慮

企業グループの事業活動が環境問題と深く係っているとの認識にたち, 地域の環境保全と地球環境問題に積極的に取り組みます。

5.透明な事業活動の推進

社会の方々との幅広く円滑なコミュニケーションと情報開示を行い,透明性の高い開かれた事業活動を推進します。

6.個人の尊重と風通しの良い活力ある企業風土づくり

従業員ひとりひとりの人格,個性を尊重し,お互いに連携し,自由活発な意見が交わされる風通しの良い活力ある企業風土づくりを推進します。

行動指針