電気のQ&A

災害・停電について

雷が電気に与える影響とは?

Answer雷は、雷雲(積乱雲)の下層部に大量の静電気がたまることによって起こります。そのエネルギーは非常に大きく、強いものでは100キロアンペア(kA)もの電流が流れるため、送電線などに落ちるとショートしてしまうこともあります。

 
雷が落ちたらテレビがつかなくなりました。どうしてですか?

Answer雷が落ちることを落雷といいます。屋外の電線や電信柱に落雷があった場合、電灯線に高電圧のパルス(雷サージ)が伝わってくる事があり、その影響で半導体部品などが壊れることも。テレビやパソコンなどのコンセント、アンテナ線も抜いておくと、故障や発火の確率を大きく減らすことができます。

 
地震のときはどうしたらいいの?

Answer地震が起こったらまず電気器具のプラグをコンセントから抜き、ガスの元栓をしめるのがポイント。家から避難するときは出火を防止するため、分電盤のアンペアブレーカーを切りましょう。また停電のとき頼りになる懐中電灯や正しい情報を得るために携帯ラジオの備えもお忘れなく。懐中電灯やラジオなどに使う乾電池は、使用しなくても長い間には消耗します。使えるかどうか、定期的に確かめておきましょう。

 
 

電気料金・ご契約
個人のお客さま

  • 法人のお客さま向けの情報はこちら